せどりで儲けるための基本とは?

「せどり」で高収入を得るためには、どのような点に注意をすればいいでしょうか。
そもそも、せどりの基本的な方法を知らない人もいるかもしれません。そこで、せどりの方法と注意点を紹介します。

せどりの仕組み

まず、せどりの仕組みを紹介します。
せどりは、ある商品を安く購入して、高く売って利益を出す商売になります。例えばAという商品を1万円で購入し、10万円で売ることができたら、9万円の利益を得ることができます。この差益を得ることがせどりでもうけを出すということになります。

安く仕入れる

せどりでもうけを出すために、まずは商品を安く仕入れることが大切です。
商品を仕入れる場所は、実店舗とネットショップで、中古品を扱うショップも含まれます。
例えば、本のせどりをするためには、本屋で本を定価で仕入れても儲けが出にくいです。そこで、古本屋の実店舗、あるいは古本を扱っているネットショップやネットオークションなどで、安く仕入れることになります。古本屋で100円で本を仕入れて、他の古本屋で500円で売ることができれば、400円の儲けになります。いずれにせよ、「できるだけ安く仕入れる」ことが大切になります。

高く売る

せどりで儲けるためには、仕入れた商品を高く売る必要があります。売る場所として有力なのが、Amazonです。Amazonはメーカーだけでなく、個人も商品を販売できる場所です。本や家電、服から食品まで、何でも販売することができます。
古本屋で仕入れた100円の本を、Amazonで1000円で売ることができれば、900円儲けることができます。Amazonでは自由に値段をつけることができるため、売りたい商品の相場を見ながら、最も高く売れる金額を探り、値付けをすることが大切になります。儲けようと必死になりすぎて、高値を付けすぎると売れ残ってしまうかもしれません。

中古品の取り扱いに注意!

せどりで儲けるためには、安く仕入れて、高く売ることが大切です。商売の性質上、中古品を購入して販売する機会が多くなるかもしれません。
中古品は取り扱いに注意が必要です。中古品だからと言って、状態が悪い商品を売ってしまうと、購入した人から低評価を付けられてしまうためです。

販売するサイトで、低評価が付けられてしまうと、せどり業者としての信用が著しく落ちてしまいます。商品が売れにくくなる可能性が高いので注意が必要です。中古品をきれいにして、しっかりと梱包し、受け取った人に清潔な印象を与えましょう。

以上のような方法と注意点を守れば、せどりで稼げるようになるかもしれません。安く仕入れて、高く売るという基本を守り、高収入を狙いましょう。

SNSでもご購読できます。